原石を知ると、ジュエリーがもっと楽しくなる

昨年9月に首を痛めて静養していましたため、しばらくの間ブログをお休みさせていただきました。おかげさまで春の訪れと共に回復してきまして、新たな気持ちでとり組みたいと思っています。今回は、宝石に興味のある方に見ていただきたい、面白くてためになるビデオをご紹介します。
3/8まで東京で開校中の「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」については、ご存じの方も多いと思います。しかしこの学校から配信されるビデオ講義があることは、あまり知られていないようです。「さらに深い学びへ」と題された講義は、レコールの講師陣による宝飾史やサヴォワフェール(メゾン独自のノウハウ)、さらに原石の世界についてと、本だけでは物足りない宝石の知識を深めるのにぴったりなのです。レコール公式サイト→ライブラリをクリックしてみてください。こんな具合に、興味をそそられるタイトルが並んでいます。↓


ずらりと並んだタイトルの中から私は、とくに原石についての「石の世界」をおすすめします。「モゴック峡谷のルビー」「エチオピアのオパール」「宝石はどこから生まれる?」「生体鉱物(バイオミネラル)」などなど、これまで知りたいと思っていたテーマが揃っています。レコールで私は原石とダイヤモンドの講座を受講しましたが、これらのビデオは講義の内容と重なる部分があり、復習にも役立っています。もちろん初めての方にも、貴重な画像とともに、わかりやすく解説されています。宝石はどのように誕生するのか。そして、なぜ人を魅了するのか、という点に改めて注目することで、ジュエリーを多角的に捉えることができるようになると思います。


「レコール」は、ジュエリーの背景を解き明かして広く公開することで、宝石に興味を持つ人、楽しみたいと思う人を増やしていきたい、とのコンセプトから生まれた学校です。この学校を支援するヴァン クリーフ&アーペルは、ジュエリーの秘密を一般の人々と共有して、人の手が生み出す美の素晴らしさを次世代に伝えていきたい、と考えているように思います。だからといって、「レコール」は宝飾職人の養成をめざしている訳ではありません。職人の技なくしてはありえないハイジュエラーだからこそ、このままではいずれ手仕事が滅びてしまうとの危機感を抱き、匠の技の継承と真剣に向き合った結果、「レコール」という新たな挑戦を始めたのではないでしょうか。そこには限られた顧客だけでなく、幅広い人々に宝飾芸術への理解を深めてもらいたい、との強い思いを感じます。こんなことを知った上で、一度ビデオ講義を確認してみてください。もっとジュエリーについて、知りたくなってきませんか。

成瀬浩子

WRITER : Hiroko Naruse

NEXT

BACK